ちょっと切ないお姉さんとのセフレ体験談

ちょっと切ないお姉さんとのセフレ体験談

私が以前セフレがいた体験談について話します。

 

私にセフレが出来たのは当時高校時代の時でした。

 

周りの友達にはもちろん言えるはずがありませんでした。

 

高校生なので自分にセフレがいるなんて誰かにいったら噂はどんどん広まるし、自分の印象も遊び人と思われてしまうため、誰にも言えるわけがなかったのです。

 

そんな私にセフレが出来たのは、当時私は部活帰りにコンビニで立ち読みをしていると、私より8歳ぐらい年上の女性にいきなり話しかけられました。

 

そこから私達は仲良くなりました。

 

連絡もこまめにとるようになり、私はある日その女性に彼氏がいるのかときくと、女性はいるといいました。

 

なので彼氏がいるのにこんなに仲良くしてたらまずいと私は思い、女性にじゃあこれで最後の連絡にしようと告げると女性から電話がきて、学校終わりに、会うことになりました。

 

女性はいきなり私を車にのせホテルへと連れていかれました。

 

それから、今の彼氏との状態の話をいわれ、私に、体だけの関係でもいいかなといわれ、私は思わずうなずいてしまい、そこから彼女と私の体だけという関係が成り立ちました。

 

それから、私からはあまり連絡することはなかったんですが、なにしろ、彼女の性欲が強すぎて週5ぐらいで会ってはホテルで関係をもつということが、私が卒業までの間行われました。

 

今は私が県外に就職をしたので会うこともなくなったので私から連絡先を消しました。

 

すると彼女から電話がかかってきました。

 

私は電話にでると、彼女が最後に一度だけできないかなと言われ、私達は会うことにして最後に一度だけまた関係を持ちさよならをしました。

 

さよならをしてからは彼女のことが頭から離れることがなかなかできずに、築いたのです。

 

私は彼女のことを好きになっていたと。以上が私にセフレが出来た体験談です。